人間関係トラブルの背景

離職率の高い看護師という仕事の中で、必ず退職の上位に上がってくるのが人間関係の悪さです。大小の違いこそあれ、看護の現場では常に何らかの人間関係の問題が発生しています。
このような状態を見ていると、どうして看護師の職場は人間関係が悪いのかということを考えなくなります。しかし、それはとても良くありません。
当たり前のことですが、すべての医療現場の人間関係が悪いというわけではありません。そんな職場では働くのも嫌ですし、患者さんの立場からしても利用したくありません。
では、何が原因で人間関係が悪くなってしまっているのでしょうか。それを知ることは、問題解決の糸口になるだけでなく、今現在人間関係が良好な職場においても、今後人間関係が悪化しないための対策となります。
今の時代、女性がこれほど集まる職場はそうありません。確かに看護の仕事は、今は男性でも就くことのできる仕事です。しかし、以前看護師のなり手は圧倒的に女性が多く、このような状況で悪質な無視や罵詈雑言が増えていくのが人間関係を悪化させる最もメジャーな原因なのです。
つまりこれは、すべての看護現場で起こりえることであり、じょせいが集まる中でどうしても陰口や無視といった陰湿ないじめが発生しやすいのが現状です。
看護師はチームプレイなので、周囲との関係が悪いと、例え一人ひとりが高い能力を持っていたとしても仕事を行うことがままなりません。そうなるとそのことがストレスとなり、さらに人間関係を悪化せせるという悪循環にはまってしまうのです。
また、医療現場で働くのは看護師だけではありません。医師やソーシャルワーカー、薬剤師など、多くの看護師以外のスタッフと一緒に働くことになります。こうした人たちとの人間関係も悪くなってしまうことが多いのです。
理由はいくつがありますが、例えばあなたが新人の看護師だったとします。すると、自分よりもキャリアの長い看護師や上級職と言って良い医師に対して、臆せずに文句を言えるでしょうか。
こうした状況は、同僚の看護師との人間関係が悪いことよりも始末におえません。なぜなら、ストレスを感じるのはほぼあなた一人になってしまうからです。
このような状態を改善するのはとても難しいのですが、病院サイドが問題を解決する意思を持っていない限り改善はほぼ不可能です。
まずは経営に近いスタッフに対して、問題を提起するのが最良の方法です。一定以上の期間が経過しても取り組む姿勢が見えないなら、それは病院ではなく泥船です。いつまでも泥船に乗り続ける必要はありません。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です