仕事の良い面と悪い面

看護師の仕事についても、良い面と悪い面があるように、同じ看護師の仕事であっても職場が変われば状況が変わり、それによって良い面と悪い面も違ってきます。
例えば、医療施設以外の職場で働く看護師がいたとします。一人は保育園、一人は介護施設です。
どちらも病院などの医療施設とは違う場所なので、求められる能力に違いがあります。保育園にいればおのずと子供たちと接することが増えますし、介護施設なら施設を利用する高齢者と接します。どちらも病院で接する患者さんとは違う注意点があれば、病院の患者さんと同じ留意点もあります。
一口に看護師といっても、仕事の内容や職場の状況は簡単には割り切れないものがあるのです。
同じ病院勤務でも、民間病院と大学病院では、そこで働く看護師にとってはどのような違いがあるのでしょう。とかく大学病院で働く看護師の存在は、他の多くの看護師にとっても興味を引かれる存在です。
イメージ的には、大学病院では治療は主に医師が行い、その意思決定もおおよそカンファレンスで行われるため、看護師が看護にあたるケースは少ないように思われがちです。
確かにそうしたところもあるかもしれませんが、実際には大学病院では新しい看護技術の研究・開発が日常的に行われているため、そうした最新の看護学に触れる機会があります。
その反面、民間病院と比較すると夜勤が多いなど、体力的な負担が増大する傾向にあります。また、深夜勤明けや休日であっても研修や勉強会に強制的に出席しなければならなかったり、残業のほとんどがサービス残業だったりします。
このように負担が大きいにも関わらず、給与面では民間病院と比較するとあまり芳しくありません。
このように、民間病院と比較すると業務の幅が狭いため、比較的楽なのではないかと思われがちな大学病院の看護師ですが、実際には激務な上に待遇面ではあまり恵まれていないということがわかります。
大学病院での勤務は、最新の看護技術を身につける機会に恵まれているため、キャリアアップを望む人にとってはとても良い環境であると言えます。反面、働き方や待遇を重視する人にとってはとても働けたものではないと思うようなところが多くあるのです。
このように良い面と悪い面を比較し、自分にとってメリットがあるようであれば良いですし、そうでなければ良い職場とは言えない。それが大学病院勤務の看護師の現実なのです。
看護師は責任が重く、心身共に負担を与えやすい職種なので、少しでも自分に向いてる職場を探すことが大切です。「疲れが取れない」「休みの日も憂鬱」など健康的とはいえない症状を感じだしたら、看護師の転職を考えるようにしましょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です